目の下のたるみを取るなら銀座美容外科クリニック

銀座美容外科クリニック

目・まぶた
美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

目の下のたるみ取り

目の下のたるみ取りにより、くまを解消。より若々しい印象を取り戻します。

目の下のたるみの原因

目の下の、老化が原因

目の下に"たるみ"ができる主な原因に、老化現象があります。老化によって目の下の皮膚や筋肉などが衰え、眼球の下にたまった脂肪が前面に押し出され、ふくらみとなってたるみが生じます。目袋が大きくたるむのも、このためです。さらに、加齢とともに頬が下へ引き下げられることで、目袋や下まぶたのたるみが目立ちやすくなり、クマのように見えることも。目の大きな人や、頬骨が張っている人は、このような"たるみ現象"が起きやすいと言われています。個人差がありますが、目の下の脂肪が多いとクマの原因にもなります。
たるみの原因図解
目の下のたるみは、主に30〜40代で気になり始める方が多く、たいていの方がパターン2の状態の方が多いです。パターン1の方は少なく、50代を過ぎるとパターン3の状態の方が最も多いと思われています。

症例写真

銀美のオススメポイント

point1 いつも疲れているという印象を持たれてしまう方
point2 涙袋の大きさが気になる方
point3 目の上下の凹みが目立つ方
point4 目元のクマにお悩みの方

施術一覧

たるみ除去法・ハムラ法

たるみは、比較的若いうちから症状として表れてきやすいです。さらに細かいシワなどがあると、影ができクマのようなたるみとなることも。症状が重い人は、袋状にたるみます。目の下のたるみ取りは、余分な皮膚のたるみをスッキリと取り除き、下まつ毛の付け根で縫合します。フェイスリフトと同時に希望されることが多く、若返った印象を与えます。

脂肪注入法

「脂肪注入法」では、気になるお顔の凹みに脂肪を注入させる治療法です。脂肪は、患者様ご自身のお腹や太ももなど、余分な脂肪を少量採取して使います。自分の体の組織を使うことで、拒絶反応の心配もなく、定着率も高くて安全です。脂肪を採取するさいは、極細の細い「カニューレ」という管を用いて行われ、注入時は注射器を使用して丁寧に入れていきます。傷も目立たないため、週末のお休み時に治療を受けていただくことも可能です。

テオシアルリデンシティー

スイスTEOXANE社が製造するヒアルロン酸、「テオシアル」シリーズの一つです。中でも「リデンシティー」は、目の周りや小じわのために開発されており、自然な形状を長期間維持します。浮腫みのリスクを極力抑えるために、特殊なジェルが配合されており、デリケートな目元の使用に適しています。肌のハリや透明感をUPさせる効果もあります。
美容皮膚科・美容整形の銀座美容外科クリニックでございます。
美容皮膚科・美容整形でお悩みのお客様、是非ご相談に来て下さい。
美容皮膚科・美容整形なら確かな実績と自信のある銀座美容外科クリニックへお任せください!
 
未成年者親権者承諾書ダウンロード