目の下のたるみを取るなら銀座美容外科クリニック

銀座美容外科クリニック

目の下のたるみ取り
美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

目の下のたるみ取り

目の下のたるみ取りにより、くまを改善。より若々しい印象へ。

目の下のたるみの原因

目の下の、老化が原因

目の下に"たるみ"ができる主な原因に、老化現象があります。老化によって目の下の皮膚や筋肉などが衰え、眼球の下にたまった脂肪が前面に押し出され、ふくらみとなってたるみが生じます。目袋が大きくたるむのも、このためです。さらに、加齢とともに頬が下へ引き下げられることで、目袋や下まぶたのたるみが目立ちやすくなり、クマのように見えることも。目の大きな人や、頬骨が張っている人は、このような"たるみ現象"が起きやすいと言われています。個人差がありますが、目の下の脂肪が多いとクマの原因にもなります。
たるみの原因図解
目の下のたるみは、主に30〜40代で気になり始める方が多く、たいていの方がパターン2の状態の方が多いです。パターン1の方は少なく、50代を過ぎるとパターン3の状態の方が最も多いと思われています。

目の下のたるみ取り治療にご興味のある方は、どうぞご気軽に!

銀美のオススメポイント

point1 いつも疲れているという印象を持たれてしまう方
point2 涙袋の大きさが気になる方
point3 目の上下の凹みが目立つ方
point4 目元のクマにお悩みの方

目の下のたるみ取り治療にご興味のある方は、どうぞご気軽に!

施術一覧

経結膜下脱脂法<目の下のたるみ取り>

目の下のたるみ取り(経結膜下脱脂法)は、加齢によって眼輪筋の力が弱まり、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が外側に張り出すことによるたるみ・シワ・クマに効果的です。下瞼の裏側からごく小さな穴をあけ、張り出した余分な眼窩脂肪を取り除き、ふくらみを小さく、なだらかな状態に改善します。縫合も必要ないほどのごく小さな切開で済みますので腫れや内出血などが少ないのが特徴です。もともと眼窩脂肪が多く、将来のたるみが気になる方には、たるみ予防としても有効です。皮膚や筋肉の衰えもある場合には、皮弁法や筋皮弁法との組合せ治療も行えます。

皮弁法・筋皮弁法・ハムラ法<目の下のたるみ取り>

目の下のたるみ取り<皮弁法・筋皮弁法・ハムラ法>は、目の下の皮膚や眼輪筋の衰えが原因のたるみ・シワ(症状が重い場合は袋状にたるみます。)に適しています。 余分な皮膚(余剰皮膚)をスッキリと取り除き、たるみがより重度な場合は筋肉を頬骨の骨膜に止めつけてハリを蘇らせます。 目の下の膨らみもある場合には経結膜下脱脂法との組合せ治療やハムラ法で両方を改善できます。

脂肪注入法

<脂肪注入法>は、気になるお顔の凹みややつれた部分にご自身のお腹や太ももなど、余分な脂肪を少量採取して注入を行います。 目元にハリを与え、上瞼・下瞼のくぼみを改善し、ふっくらと若々しい目元に。ご自身の脂肪を使用するため、アレルギーなどの心配がなく、ナチュラルな改善効果が期待できます。 脂肪を採取する際は、極細の「カニューレ」という管を使用し、注射器を用いて少量ずつ、丁寧に注入を行っていきます。

目の下のクマ・たるみ取り注入

TEOXANE社の、目の周りや小じわのために開発されたヒアルロン酸注入で、デリケートな目元の使用に適しています。目の下のくぼみをふっくらと持ち上げ、クマを改善します。

高周波リフト治療

高周波(RF・ラジオ波)によって真皮層のタンパク質を熱収縮させてお肌を引き締めます。目の下のクマやたるみに対し引き締め作用があり、温熱作用により血行を促進し血色(クマ)を改善、コラーゲン増幅作用によりハリと弾力を再生します。

目の下のたるみ取り治療にご興味のある方は、どうぞご気軽に!