目の下のクマ治療

銀座美容外科クリニック

目の下のクマ治療
美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

目の周り・クマの治療

目の周り・クマの治療で、明るい眼元へ。

クマの種別

目もとのクマには種類があり、血液のうっ血による青グマ、むくみやたるみによる黒グマ、シミやくすみによる茶グマ、の3種類があります。まずは、自分のクマがどのタイプなのかを見極めてから、最も効果的なクマ対策をしていきましょう。違うタイプのクマが複合的に現れているケースもありますので、プロのカウンセラーによる見極めが必要です。

青グマ(血液のうっ帯が原因)

目の周りには目を動かすために血液が集中していて、目が疲れたりすると血液の流れが悪くなってしまいます。そこで血液の流れが滞って濁ってしまい、まぶたの薄い皮膚を通して透けて見えてしまうのが青グマです。

青グマの原因は、皮膚ではなくよどんでしまった血液にあるので、皮膚を引っ張ってみると多少薄く見えるという特徴があります。色白の方やまぶたの薄い方の場合は、皮膚が透けやすいので余計に目立ってしまうことが多いです。このタイプは、東洋医学で言うお血体質(冷え症体質)の方に多く見られます。

青グマを目立たなくするには、お肌を作るたんぱく質のコラーゲンを増やしてあげることで皮膚のきめを細かくし、透けないお肌ににしてあげる事が効果的です。お血体質を改善するには、適度な運動、冷たい物やタバコを控えるようにします。目の周りの骨に沿ってツボ押しするのも有効です。また、顔の血行を良くするには、顔を温めたり冷やしたりを交互に繰り返す事も効果的です。

黒グマ(むくみやたるみが原因)

年齢を重ねることで現れる、むくみや肌のたるみによる「たるみグマ」とも呼ばれている黒グマは、クマの悩みの中でも1番多いとされています。目の周りには輪状にある眼輪筋(がんりんきん)という筋肉や、眼窩脂肪(がんかしぼう)という目の下に沿ったふくらみがあります。下まぶたは頬などの皮膚と比べても1/3ほどの厚みしかなく、更に加齢と共に薄くなり、だんだんと眼窩脂肪(がんかしぼう)を支える力が弱くなってしまうため、皮膚が伸びてたるんでしまいます。そこに黒っぽい陰ができるためクマに見えてしまうので「黒グマ」と呼ばれています。また、血液やリンパの流れが悪くなりお肌がむくんでしまうと、更に目立ってしまいます。

黒グマかを判断する方法は、顔を上に向けてみることです。顔を天井に向けた状態で、クマが薄くなるかを鏡で見ながら観察し、薄くなればそれは黒グマと考えて良いでしょう。黒クマを目立たなくするための対処法は、まずたるみがこれ以上進むのを防ぐことです。加齢と共に劣化してしまったコラーゲンを補ってあげることで、弱くなってしまったお肌にハリとツヤが出て、クマはほとんど目立たなくなります。 こういったクマはシミではないのでコンシーラーを使ってもカバーできず、メイクをするとますます黒みが目立ってしまう事があります。頭の上から照明が当たると陰がくっきりとできるので、窓ガラスや壁に移る自分の顔がすごく疲れて見えることもあります。また、適切な方法であればマッサージも効果的です。むくみやすい体質の方は、冷たい飲み物と塩分を控える事も大切です。黒グマはなかなか改善しにくいものですので、できるだけ早くクマをとりたい方は、美容外科で目の下のたるみをとる手術やヒアルロン酸の注入を受けるという方法もあります。

茶グマ(シミ・くすみが原因)

小さいシミが目の下に集中してできて、それらが繋がってクマのように見える事があります。目の周りを揉んだり触ったりして刺激を与えてしまい、まぶたの角質が厚くなってしまうのが原因です。他にも目をこするクセがあったり、目元に湿疹がよくできたりしていた方に多いクマで、ごわついた角質がくすんでしまい、さらにクマのように見えることがあります。

対処法として最も大事なのは、目の周りをこすらない事です。コリやむくみを解消するためのマッサージも色素沈着の原因となりますので、正しいやり方で優しくマッサージをしてあげて下さい。

茶クマとはシミであり、シミはメラニン色素なので、普通のシミのお手入れで解消できます。厚くなってしまった角質(角質肥厚)にはピーリングが良いと言われていますが、もし湿疹などができていれば、ピーリングはできません。また、痒みがある場合には、皮膚科を受診される事をお勧めします。

施術一覧

テオシアルリデンシティー

当院で使用するテオシアルは、100%非動物由来、生体適合性、吸収性の高いヒアルロン酸です。深いシワ、細かいシワ、皮膚の溝、目の下のクマ、唇といった、顔の各部位に合わせて最適なテオシアルを選ぶ事ができます。お肌の状態や部位に合わせて、分子の大きさや濃度が異なる製品の中から選択することができるため、できるだけ優しく、また効果的に顔全体に使用することができます。

脂肪注入法

患者様ご自身のお腹や太ももから余分な脂肪を少量採取し、目の下のクマやお顔の窪んでしまった部分に注入してあげることで、お肌をふっくらとさせる施術です。
ご自身の脂肪組織を用いますので薬物反応や拒絶反応もなく、定着率も高いことから、当院でも人気の若返り法です。脂肪を採取する際は、直径数ミリの細いカニューレという管を用い、注入する際は注射器を用いて少しずつ注入するため、術部も目立たず、週末休みなどに治療を受けていただくことも可能です。

美容皮膚科・美容整形の銀座美容外科クリニックでございます。
美容皮膚科・美容整形でお悩みのお客様、是非ご相談に来て下さい。
美容皮膚科・美容整形なら確かな実績と自信のある銀座美容外科クリニックへお任せください!
 
未成年者親権者承諾書ダウンロード