全切開法による二重整形|銀座美容外科クリニック|美容皮膚科・美容整形

銀座美容外科クリニック

全切開法による二重まぶた
美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

全切開法による二重まぶた

全切開法により、まぶたが特に厚く腫れぼったい方でも、
よりハッキリした理想の二重に。

全切開法について

まぶたに脂肪が多いために埋没法をしても、糸が切れてしまう、脂肪のせいで元の腫れぼったい一重まぶたに戻ってしまうとお悩みの方や、「平行型の二重にしたい」「華やかな二重にしたい」など、二重のデザインにもこだわりのある方に、適した二重まぶた施術法です。ご希望の二重ラインになるように皮膚を切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除き、皮膚を縫い合わせることにより、オーダーメイド感覚でお望みに近い二重まぶたをつくります。傷跡そのものが二重のラインとなりますので、腫れやむくみが落ち着いた後は他人にも分かりにくい状態となります。

どうして二重まぶたができるの?

上瞼のふちにある組織(瞼板)と、瞼を持ち上げ目を開くための筋肉(挙筋)がついています。
その挙筋と瞼板が付着している挙筋腱膜と瞼の皮膚がくっついていると、目を開くときに綺麗な二重まぶたの線ができます。

銀美のオススメポイント

point1 はっきりとした二重まぶたを持続させたい方
point2 腫れぼったいまぶたを改善したい方
point3 埋没法を受けても元に戻ってしまった方

施術表

<全切開法>

治療時間 30分〜1時間
治療後の通院 約1週間後に抜糸
麻酔 局所麻酔
ダウンタイム 腫れ・むくみ・・・約1~3週間程度
内出血・・・約7~10日間程度
(※期間は消えるまでの大体の目安です。ダウンタイムの発生・程度・期間には術式による差や個人差があります。)
メイク・洗顔・入浴 メイク…抜糸後より可
洗顔・シャワー…当日より可
入浴…翌日より可
料金 詳しくは料金表へ

流れとアフターケア

施術までの流れ

カウンセリング
部分切開では除去しきれないくらいのまぶたの脂肪が厚い場合、埋没法による二重ラインを作っても、糸が切れてしまったり、厚みが原因でくっきりしたラインができない方に最適な方法です。部分切開や埋没法で実現できなかった方でも、はっきりとした二重まぶたを作り出すことができます。ご希望の二重まぶたのラインに沿って皮膚を切開し、余分な組織や脂肪を除去し、切開した部分は縫合することにより、綺麗な二重まぶたの線を作り出します。

施術
手術の際は局所麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。ご希望の二重ラインに沿って切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除きます。綺麗に取り除いた後は、綺麗な二重まぶたを作るために、まぶたの皮下組織を縫合します。手術自体は、30分~1時間程で終わります。

アフターケア

care1 メイクは当日からできます、アイメイクは抜糸まで控えてください。
care2 コンタクトレンズは、術後2、3日控えてください。
care3 手術直後~当日はむくみや腫れが出て目が開きにくかったり、麻酔により目がかすみやすくなるため、車などの運転は控えて下さい。
care3 手術当日からシャワー可、入浴は翌日から可。
care4 術部がむくむことがありますが、時間の経過とともに治まります。
care5 まぶたは多少赤くなることがありますが、時間の経過とともに肌色に戻ります。