肝斑(かんぱん)の治療|銀座美容外科クリニック|美容皮膚科・美容整形

初診専用フリーダイヤル

お電話でのご予約・お問い合わせは 0120-0180-30

完全予約制診療時間 10:00-20:00(土日祝は19:00で終了)

肝斑

肝斑

意外に目立ち、セルフケアが難しい「肝斑」。当院ではきちんと状態を見極め、
悪化させずにスムーズに改善させます。

意外に目立ち、セルフケアが難しい「肝斑」。当院ではきちんと状態を見極め、悪化させずにスムーズに改善させます。

肝斑とは

肝斑(かんぱん)とは、顔にできる薄茶色のシミの一種。ほほや額、鼻の下などに左右対称にぼんやりと島のように現れるのが特徴で、アジア人女性に多く見られます。
この肝斑は頬や額など比較的目立つ場所に、大きめに現れることが多いため、多くの女性が悩みとされる症状の一つでもあります。

肝斑の原因

肝斑の原因については、残念ながらまだ詳しいことはわかっていませんが、一般的なシミのように紫外線や活性酸素などのほか、 妊娠、更年期、婦人科系の病気など、ホルモンバランスの変化やストレスなども関係があるのではないかと考えられています。
30~40代の女性に多くみられ、当院にもご相談・治療に来院されています。ちなみに、男性にも稀に現れることがあります。

肝斑の治療について

おもに、ほほや額、鼻の下などに、薄茶色でぼんやりとはしているけれど幅広だったり、大きめに現れることの多い肝斑は意外と目立つため、シミの中でもお悩みが多い症状です。原因がはっきりとしていないのも難点です。
しかも、紫外線や過度な刺激で悪化しやすいとされるデリケートな部類のシミであるため、老人性色素斑(一般的なシミ)を治療するような強いレーザーなどは禁忌(してはいけない)とされています。

肝斑をスムーズに改善するには、皮膚に過度な刺激を与えず、メラニン色素のみを徐々に壊して排出する微弱レーザーで回数をかけて治療を行なうことが望ましいでしょう。

肝斑は主にこのような部分に現れます。

肝斑が現れる部分

肝斑の治療にご興味のある方は

施術メニューのご紹介

レーザートーニング

レーザートーニング

レーザートーニングは、ごく微弱なレーザーをあて、シミの原因であるメラニン色素を作るメラノサイトを活性化させずに、メラニン色素を少しずつ破壊していくという、肝斑に対しスムーズな改善作用をもたらすレーザー治療です。複数回施術を行うことで、少しずつメラニンが減少し、肌に透明感が生まれます。
また、同時に他のシミやくすみなど肌の色味改善作用も発揮。さらに、キメやハリのある健康な肌へと導く働きもあるなど、肌の悩みに広く対応する治療法です。

イオン導入

イオン導入

肌に塗った美容液を、微弱な電流を流すことによってイオン化。さらに、電気の反発の力を用いて、肌のバリア機能を一時的に通り抜け、角質層の奥深くに成分を浸透させる治療です。肝斑の他の治療との併用も適しています。

肝斑の治療にご興味のある方は

ご予約・ご相談窓口はこちら

初診専用フリーダイヤル0120-0180-30

診療時間10:00~20:00(※土日祝は19:00終了)