肝斑(かんぱん)のレーザー治療、投薬治療

銀座美容外科クリニック

肝斑(かんぱん)のレーザー治療・投薬治療
美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

肝斑

女性特有のシミである肝斑に弱いレーザを当て、メラニンを少しずつ壊して治療します。

  20代の方はこちら       30-40代の方はこちら       50代以降の方はこちら  

お得な美活プラン実施中!

シミ&肝斑&美白 美活プラン

『肝斑』は、多くの女性が悩む、「女性特有のシミ」です。

肝斑とは

肝斑(かんぱん)とは、顔にできる薄茶色のシミの一種。ほほや額、鼻の下などに左右対称にあらわれるのが特徴で、アジア人女性に多く見られます。

この肝斑は比較的目立つ場所に、大きめに現れることが多いため、多くの女性が悩みとされる症状の一つでもあります。

肝斑の原因

肝斑の原因については、残念ながらまだ詳しいことはわかっていませんが、一般的なシミのように紫外線や活性酸素などのほか、
妊娠、更年期、婦人科系の病気など、ホルモンバランスの変化やストレスなども関係があるのではないかと考えられています。

30~40代の女性にもっとも多くみられ、当院でも非常に多くの女性患者様がご相談・治療に来院されています。
ちなみに、男性にはほとんど肝斑はできません。

肝斑・シミの種類と治療方法

■肝斑(かんぱん)

おもに、ほほや額、鼻の下などに見られる、薄茶色のシミの一種です。原因について、まだ詳しいことはわかっていませんが、妊娠、更年期、婦人科系の病気など、ホルモンバランスの変化と関係があるのではないかと考えられています。30~40代女性にもっとも多くみられ、男性にはほとんど肝斑はできません。

適した治療 ⇒   レーザートーニング     QスイッチYAGレーザー        

施術一覧

レーザートーニング

レーザートーニングは、ごく微弱なレーザーをあて、シミの原因であるメラニン色素を作るメラノサイトを活性化させずに、メラニン色素を少しずつ破壊していくという、肝斑に対し非常に効果的な画期的レーザー治療です。
数回施術を行うことで、少しずつメラニンが減少し、肌に透明感が生まれます。
また、肝斑だけではなく、他のシミやくすみなど肌の色味改善にも効果を発揮。さらに、キメやハリのある健康な肌へと導く働きもあるなど、肌の悩みに広く対応する治療法のひとつとして注目されています。

QスイッチYAGレーザー

シミ、そばかすをはじめ、毛穴の開きや黒ずみなどに用いられるQスイッチYAGレーザー。当院では、とくに色素治療において30カ国で実績をあげ、国内外からも注目を集めている「スペクトラVRM」を導入しています。「スペクトラVRM」は、これまでのレーザー治療ではなかなか効果をあげられなかった、肝斑(かんぱん)の治療(レーザートーニング)を実現した高性能な機器。さらにカーボンピーリングによる、毛穴や黒ずみ対策にも効果的です。

イオン導入

肌に塗った有効成分を、微弱な電流を流すことによってイオン化。さらに、電気の反発の力を用いて、肌のバリア機能を通り抜けた奥深くに成分を浸透させる方法です。電気による刺激を与えることによって、肌にはトンネルがつくられ、分子はイオン化されることなく浸透します。このイオン導入法は、肌にトリートメント剤を散布するケースと比較して、約4倍もの効果が得られるといわれます。

トランサミン錠

色素沈着を抑える効果があるといわれる、トラネキサム酸(トランサミン錠)には、肝斑(かんぱん)を改善する効果が期待できます。

シナール錠

主要成分であるアスコルビン酸が、肌に蓄積されたメラニンにダイレクトに働きかけ、シミ、そばかす、日焼け、かぶれなどによって沈着した色素を薄くする内服薬です。ビタミンCも含まれているため、疲労回復にも効果的です。

ユベラ錠

アンチエイジングをサポートする抗酸化作用に優れたビタミンE錠。ビタミンE欠乏症の予防にも用いられます。

このページを見た人はこのページにも興味を持っています。

美容皮膚科・美容整形の銀座美容外科クリニックでございます。
美容皮膚科・美容整形でお悩みのお客様、是非ご相談に来て下さい。
美容皮膚科・美容整形なら確かな実績と自信のある銀座美容外科クリニックへお任せください!
 
未成年者親権者承諾書ダウンロード