切らないシワ取り治療|銀座美容外科クリニック|美容皮膚科・美容整形

銀座美容外科クリニック

切らないシワ取り治療
美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

切らないシワ取り治療

老けて見られがちなシワを切らずに改善して、若々しい表情へ!

適切なシワ治療で、『-10歳肌』を目指す

当院では、

・小じわやちりめんジワ

・ほうれい線などの深いシワ

・脂肪の減少やたるみが原因で起こるシワ

など、シワの原因と種類に適した新型のレーザーや注入治療を取り入れ、スピーディに改善でき、痛みや腫れなどのダウンタイムの少ない、「切らないシワ取り治療」を行っております。

切らないシワ取り治療とは

切らないシワ治療には、下記のような種類があります。

レーザーによるシワ治療

<適しているシワ>小ジワ・ちりめんジワ
レーザーによって皮膚の真皮層にわざと軽度なダメージを与え、自己治癒能力を強制的に引き出すことで、加齢などにより衰えていた線維芽細胞の働きを再び活性化させて、真皮層内で減っていたコラーゲン細胞などを新しく増産し、肌のハリや弾力を再生し、シワを改善する治療です。

注入によるシワ治療

注入治療にはさまざまな種類があり、
【フィラー(充填)タイプ】
<適しているシワ>ほうれい線・マリオネットライン(口角横のシワ)・ゴルゴラインなどの深いシワ
架橋タイプと呼ばれる粘度のあるヒアルロン酸などを、シワの溝となっている皮膚に注入し、皮膚の内側から押し上げてシワを盛り上げ平らな状態に改善する治療です。
【表情グセ抑制タイプ】
<適しているシワ>眉間・額・目尻・鼻の下・アゴなどの表情ジワ
表情グセ(眉間にシワをよせる、眉毛をあげるなど)によって出来てしまったシワ付近の表情筋にボツリヌストキシンを注射し、表情筋の動きを抑えて、シワを寄せつけなくさせて改善する治療です。
【注入リフトタイプ】
<適しているシワ>頬のやつれ、こめかみのボリューム低下などによるたるみ・シワ
加齢や急な体重減少などで頬やこめかみなどの脂肪が減り、皮膚がたるみシワが出来てしまったいわゆる「しぼんだ風船」のような症状を、ヒアルロン酸の注入で再び膨らませて、タルミとシワを同時に改善させる治療です。
【潤い・ハリ・弾力再生タイプ】
<適しているシワ>小ジワ・ちりめんジワ
皮膚の浅い層に細かく粘度のないヒアルロン酸を注入し、皮膚内の水分量をアップさせてハリと弾力を回復させ、皮膚の乾燥による小ジワやちりめんジワを改善する治療です。

などがあります。
当院では、シワの症状や原因を詳しく診察し、適した切らないシワ取り治療のご案内をおこなっています。

切らないシワ取り治療にご興味のある方は

シワができる原因とは?

「このシワさえなければ・・・。」
「10代や20代のお肌に戻りたい・・・。」

こんな風に思わせてしまう、「憎きシワ」。

ではこのシワは、どうしてできてしまうのでしょう?

なぜシワができるのか

人の肌は、表皮、その奥に真皮という二重構造になっています。本来、真皮には、栄養素であるコラーゲンやヒアルロン酸がもともと存在し、新たな肌を生成し、力強く弾力のある、みずみずしいお肌を保っています。

ところが、加齢や乾燥、紫外線などによって発生する活性酸素の影響を受けると、お肌のコラーゲンやヒアルロン酸などの栄養素は減少し、また、これらの栄養素を作り出す元となる細胞(線維芽細胞)の働きも弱まってしまうため、徐々に表皮の弾力が失われていきます。

そうして薄く弱くなった皮膚表面でできてしまったミゾやヨレが「たるみ」「シワ」と呼ばれています。

また、上のような一般的なシワのほか、
「眉間にシワを寄せる」「目を細める」「眉を上げる」などの表情グセにより、
眉間や目尻・額など、皮膚に折りグセのついてしまう「表情ジワ」もシワの一種です。

その他、短期間のダイエットなどで急激に脂肪が減少し、皮膚の収縮が追いつかず、だぶつき、シワになってしまうことなどもあります。

シワイメージ

切らないシワ取り治療にご興味のある方は

メスを使わないシワ改善の特徴

銀座美容外科クリニックでは、現代の忙しい女性のご要望に合わせて、
「切らずにシワ取り」するため、メスを使わない新しい治療法を取り入れ、治療にあたっております。

切らないシワ取り治療は

・痛みや腫れが少ない

・治療時間が短時間で済む

・長期休暇の必要がない

・他の人に治療をしたことがバレにくい

などの特徴があります。

当院では、カウンセリングにてシワの状態を診察し、ご要望やライフスタイルまで親身にお伺いした上で、その方に適したシワの治療法・治療プランのご提案を行っております。

切らないシワ取り治療にご興味のある方は

切らないシワ取り治療 施術メニュー

銀座美容外科クリニックでは、以下のような切らないシワ取り治療を行っております。シワの種類は様々ですので、シワの部位や状態によっては数種類の治療を組み合わせたコンビネーション治療なども行っております。

フラクショナルレーザーによるシワ取り

フラクショナルレーザーは、1cm²あたりに、およそ1,500もの穴を開ける極小レーザーを点状に照射することにより、皮膚に微細な穴をあけ、自身の創傷治癒能力を促し真皮層の細胞レベルから新しく再生させます。加齢によって機能劣化してしまった皮膚、ニキビ・ニキビ跡、小ジワ、手術痕、毛穴などの改善に適しています。数回の治療を重ねることで、小ジワやちりめんジワが改善し、若々しいハリのある肌に回復させます。ダウンタイムも短く、日常生活にあまり支障をきたさないことも特徴の一つです。

ヒアルロン酸注入によるシワ取り

できてしまったシワをスピーディに改善する、ヒアルロン酸注入治療。ヒアルロン酸の種類は部位やシワの特徴に合わせ、ヒアルロン酸の密度が高く固いものから逆に柔らかいものまで多数あります。 また、治療方法についても、シワの溝となっている皮膚にヒアルロン酸を直接注入し、注入した部分を盛り上げ平らなシワが無かった状態に近づけたり、頬などのボリュームダウンを補って本来の皮膚のハリを取り戻しシワを改善する方法など、多様なアプローチの方法があります。 施術時間が10~15分と短時間なことと、「自然な仕上がりにしたい」などのご希望も注入量の調節で可能です。

水光注射による小ジワ改善

ビタミンC、プラセンタ、その他美肌性因子などを配合した非架橋(粘度のない)ヒアルロン酸を皮膚の浅い層に細かく注入していきます。高い保水性をもつヒアルロン酸を直接皮膚に注入することで、お肌の水分量が高まって肌のハリと弾力が回復します。それにより、小ジワやちりめんジワが改善され、同時にお肌もツヤツヤになります。肌の衰え、乾燥に悩んでいる方などに適したアプローチです。

ボツリヌストキシン注射による表情ジワ改善

ボツリヌストキシンは、注射した部位の筋肉の動きを弛緩させる(弱める)という特性を持っています。もともとは顔面痙攣といった神経系の病気治療に用いられていましたが、近年美容外科分野でも利用されています。ボツリヌストキシンはシワの中でも表情ジワの改善に適用されます。表情ジワは表情グセによって顔の表情筋が収縮することで生まれる凹凸が癖づいてできるシワで、年を重ねるとさらにコラーゲンが減り、肌のハリや弾力が失われ、シワが残りやすくなります。ボツリヌストキシン注射は、神経と筋肉を結ぶ部分に働きかけ、筋肉の動きを抑え、シワをできにくく、目立たなくしていきます。

【切らないシワ取り治療なら銀座美容外科クリニック】
「シワ取りをしたいけれど腫れや痛みが心配」
「切る治療に抵抗がある」という方に・・・。
当院ではシワの部位や状態に合わせ、新型レーザーや各種注入治療を取り入れた
切らないシワ取り治療を行っております。
カウンセリングではシワの状態を診断し、適した治療法のご説明とアドバイスをさせて頂きます。