目の下のたるみ取り・治療|銀座美容外科クリニック|美容皮膚科・美容整形

初診専用フリーダイヤル

お電話でのご予約・お問い合わせは 0120-0180-30

完全予約制診療時間 10:00-20:00(土日祝は19:00で終了)

目の下のたるみ取り・治療

皮弁法・筋皮弁法・ハムラ法
<目の下のたるみ取り>

皮弁法・筋皮弁法・ハムラ法は、目の下の皮膚や眼輪筋の衰えが原因の
たるみ・シワに効果的な目の下のたるみ取り治療です。

皮弁法・筋皮弁法・ハムラ法は、目の下の皮膚や眼輪筋の衰えが原因のたるみ・シワに効果的な目の下のたるみ取り治療です。

皮弁法・筋皮弁法・ハムラ法<目の下のたるみ取り>について

皮弁法・筋皮弁法・ハムラ法は、目の下の皮膚や筋肉の衰えによるたるみを改善する目の下のたるみ取り治療です。
年齢が出やすい目元。特に目の下のたるみやシワは、年齢や疲れを感じさせてしまう、大きな要素となります。加齢が進むと目の下の皮膚を支えるコラーゲンなどの細胞組織が減少して、ハリや弾力がなく、薄く伸びた状態になってきます。

皮弁法・筋皮弁法による目の下のたるみ取りは、目の下の余分な皮膚を取り除き(皮弁法)、さらにに衰えた筋肉を骨膜に止めつけ(筋皮弁法)、下まつ毛の付け根あたりで縫合することで、すっきり若々しい印象を作ります。
皮膚や筋肉の衰えに加え、脂肪の張り出し(目の下の膨らみ)が強い場合には、ハムラ法により、皮膚・筋肉・脂肪の除去・位置の移動を総合的にバランスよく行う方法や、上記の皮弁法・筋皮弁法に経結膜脱脂法を組み合わせた治療なども行えます。

目の下のたるみ取りにご興味のある方は

目の下のたるみ取りはこんな方にオススメ

  • 目元を見て、いつも疲れていると思われてしまう方
  • 目元のクマが目立つ方
  • 目の下のふくらみ・たるみが大きくて気になる方

目の下のたるみ取りにご興味のある方は

目の下のたるみの原因

目の下のたるみ取りで、余分な皮膚のたるみを取り除く

主な原因として、老化により目の下の皮膚や筋肉(眼輪筋)、眼窩隔膜が衰え、眼球の下にある眼窩脂肪が前に突出してまぶたの組織を押し出すため、ふくらみが出て目袋とよばれる部分にたるみが生じます。

また、加齢とともに頬の皮膚が下垂し扁平化することで下まぶたのたるみが強調され、たるみ・クマとなる場合もあります。目の大きい方や、頬骨が張っている方は、目の下のたるみやクマが出やすい傾向にあり、人によってことなりますが、目の下の脂肪が多いと、皮膚の色素沈着がより濃く見え、クマの原因ともなります。

目の下のたるみ取りにご興味のある方は

症状に応じた施術方法

目の下のたるみ取り・その種類・分類

目の下のたるみ取り手術は、大きく3つに分類され、適応症状も異なります。それぞれの症状に合わせた治療方法を選択することが最も重要です。

術式別の流れ

下眼瞼切開(皮弁法)の場合軽度のシワ・たるみを早いうちに改善したい方

下まつ毛のすぐ下を切開し、たるみの原因(眼窩脂肪)を切除し余剰皮膚を切除。その後、切開部分を縫合し、終了です。

下眼瞼切開(皮弁法)

下眼瞼除皺術(筋皮弁法)の場合重度のシワ・たるみをしっかり改善したい方

下まつ毛のすぐ下を切開し、たるみの原因(眼窩脂肪)を切除します。次に、張りを出すため、眼輪筋肉を目尻の方へつり上げ、頬骨の骨膜に固定します。余剰皮膚を切除し、切開部を縫合して終了です。

下眼瞼除皺術(筋皮弁法)

下眼瞼除皺術(筋皮弁法)

ハムラ法の場合重度のシワ・たるみをしっかり改善したい方、たるみを改善すると同時に目元へのハリをだし、更に若々しい目元を作りたい方

下まつ毛のすぐ下を切開し、眼窩隔膜より下にはみ出している分だけ眼窩脂肪を切除します。目の下のくぼみを埋めるように、眼窩隔膜と脂肪を移動します。眼窩隔膜を骨膜に固定します。眼輪筋肉を目尻の方へつり上げて張りを出し、頬骨の骨膜に固定します。余剰皮膚を切除し、切開部を縫合して終了です。

ハムラ法

ハムラ法

ハムラ法

目の下のたるみ取りにご興味のある方は

目の下のたるみ取り 施術表

治療時間 60分
治療後の通院 約1週間後に抜糸
麻酔 局所麻酔or静脈麻酔
ダウンタイム 腫れ・むくみ…約1~2週間程度
内出血…約7~10日間程度
※期間は消えるまでの大体の目安です。ダウンタイムの発生・程度・期間には術式による差や個人差があります。
メイク・洗顔・入浴 メイク…抜糸後より可
洗顔…当日より可
入浴…翌日より可
料金 詳しくは料金表へ

目の下のたるみ取りにご興味のある方は

施術の流れとアフターケア

  • カウンセリング

    ひとくちに目の下のたるみといっても、患者様ご自身では「目の下がたるんできた」としか思われない場合もありますが、「皮膚のたるみ」「眼窩脂肪の膨らみ」「下眼窩骨縁部のくぼみ」「目の下のシワ」など、様々な原因があり、その症状に応じた治療方法を選択することが必要なため、入念にカウンセリングを行います。

  • 施術

    切開線(下まつ毛の下)、皮膚の剥離範囲または眼窩脂肪の張り出している部位にマーキングしていき、下まぶたの切開部分に局所麻酔を行ないます。この際、痛みや起きた状態での手術が心配な方には静脈麻酔を行ない、眠ったまま手術を受けていただくことが可能です。

    施術 イメージ

  • アフターケア

    • Care 1

      メイクは患部以外は当日から可。施術部位は抜糸翌日から可能です。

    • Care 2

      手術直後~当日はむくみや腫れが出て目が開きにくかったり、麻酔により目がかすみやすくなるため、車などの運転は控えて下さい。

    • Care 3

      シャワーは手術翌日からお顔を濡らさない様に。入浴は抜糸翌日から可能です。

    • Care 4

      手術跡保護のため、患部はガーゼまたはテープ処理をおこないます。

目の下のたるみ取りにご興味のある方は

ご予約・ご相談窓口はこちら

初診専用フリーダイヤル0120-0180-30

診療時間10:00~20:00(※土日祝は19:00終了)