ダイエットピルの効果と使い方

銀座美容外科クリニック

ダイエットピルの効果と使い方
美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

ダイエットピル

専門医の指導のもとで、
ダイエット・ピル(ゼニカルとサノレックス)で手軽にダイエット。

ダイエットピルについて

ダイエットピルは医薬品であり、医師の処方が必要です。
医師のサポートを受けながら、体にダメージを与えず、ストレスにつながらないダイエットが実現できるということです。ダイエットピルのメリットは、まず医師のアドバイスを受けながら、個人の体質に応じたダイエットができるという点です。一人ではつい自己流になりがちで、挫折してしまうという問題も解消できます。
当院が使用するダイエットピルは、2種類あります。食欲を減退させて、食事の量を減らす薬と、脂肪分が体に取り込まれるのを防ぐ薬です。ゼニカルとサノレックスという薬剤が、食欲抑制と体内吸収の防御というWサポートで、ダイエットを成功へと導きます。

銀美のオススメポイント

point1 ダイエットの効果を長期間持続させたい方。
point2 食事の量を減らしたダイエットをしたい方。
point3 食事制限をせず、体にダメージのないダイエットをしたい方。

ゼニカル(脂肪吸引抑制剤)

ゼニカルとは、体内の脂肪吸収をコントロールする減量剤です。食事のとき、ゼニカルを服用することにより、脂肪分解酵素の作用を抑制。体内に取り入れた、じつに約30%もの脂肪は消化管に取り込まれることなく、排泄物として体外へ。体重の維持、ダイエット効果とともに、リバウンドしない体へと導きます。食生活を見直し、栄養価が高く、低カロリーの食事を心がけることで、さらなる効果を期待できるでしょう。

サノレックス(食欲抑制剤)

サノレックスには、食欲のコントロールを司る脳の視床下部に作用し、食欲そのものを抑制する働きがあります。ダイエットで一番つらい「食べたいのに食べられない」というストレスを軽減するメリットは非常に大きいものです。また、ピルを使用するときには、食生活の改善や、適度な運動を組み合わせることが大切。食事や運動との相乗効果がある場合は、全体重の5~10%の減量が達成できるともいわれています。

施術表

<ゼニカル>

用法 1日3回 食事中か食後に1錠内服。
(脂肪分が少ない食事の時は服用する必要はありません。)
使用上の注意 ※脂肪に溶けやすい栄養素(ベータカロチンなど)の吸収も阻害してしまうため、果物や野菜の摂取を心がけてください。
※妊娠中または授乳中の方の処方はご遠慮頂いております。
副作用 脂肪便・便通過多・下痢・腹部膨満感・放屁
(個人差があります。)
料金 通常価格 1錠 600円
キャンペーン価格 540円〜(初回限定・税込)
詳しくは料金表へ

<サノレックス>

用法 食事療法や運動療法の補助として1日1回 昼食前に1錠内服する。
使用上の注意 ※メリディアに含まれる成分にアレルギーのある方、心臓・膵臓などに障害のある方、高血圧の方、精神障害のある方への処方は行えない場合があります。
※妊娠中の方、または授乳中の方への処方はご遠慮頂いております。
副作用 口の渇き・吐き気・便秘・不眠・めまい・頭痛・動悸・尿が出にくい
(個人差があります。)
料金 通常価格 1錠 800円
キャンペーン価格 650円〜(初回限定・税込)
詳しくは料金表へ

流れとアフターケア

施術までの流れ

カウンセリング

ダイエットピルは医薬品であり、必ず医師の診察を経て、処方箋をもらう必要があります。当院では、体重増加にお悩みの患者さまについて、食生活、運動習慣、これまでのダイエットなど、一人ひとり異なるライフスタイルを把握したうえで、ダイエットピルを処方しています。今までチャレンジしたダイエットの成果に満足していない方は、ぜひ一度ご来院いただき、ダイエットピルの可能性を医師といっしょに考えてみることをおすすめします。

施術

ピルの使用は、ダイエットにまつわるさまざまなストレスを軽減し、長く続けられるアプローチです。服用については、医師の指導を受け、正しい用法や用量を必ずお守りいただくことが前提となります。くわしくは医師にご相談ください。

アフターケア

care1 副作用が出たり、気になる症状を感じたときは、すぐに服用を停止し、医師に相談してください。
美容皮膚科・美容整形の銀座美容外科クリニックでございます。
美容皮膚科・美容整形でお悩みのお客様、是非ご相談に来て下さい。
美容皮膚科・美容整形なら確かな実績と自信のある銀座美容外科クリニックへお任せください!
 
未成年者親権者承諾書ダウンロード