メスを使わない二重手術 埋没法

初診専用フリーダイヤル

お電話でのご予約・お問い合わせは 0120-0180-30

完全予約制診療時間 10:00-20:00(土日祝は19:00で終了)

埋没法

埋没法

切らない二重術の埋没法で、理想の二重をつくります。

切らない二重術の埋没法で、理想の二重をつくります。

埋没法とは

埋没法は「二重手術」の一つで、極細の医療用縫合糸で瞼の裏側を縫い留めて、二重ラインを作り出す方法です。
極細の医療用縫合糸を使って二重のラインを形成した後は、自然と癒着が起き「自分のクセ」が付いていき、やがて生まれつきの二重のような状態へと近づきます。

埋没法は、この自然な仕上がりがメリットの一つです。実際には、上まぶたにある「上眼瞼拳筋」という目の開閉に使われる筋肉の一部を、まぶたに通した糸と一緒に縛ります。
目を開けようとする時、この筋肉の動きに糸が引っ張られて、自然と皮膚も二重に折りたたまれるという仕組みです。

生まれつき二重まぶたの方は、元々皮膚が二重のラインで癒着があるため、ハッキリとした二重になるのです。早い方では約2カ月ほどでライン上に癒着が起こり、自力での二重まぶたが完成します。

まぶた構造

まぶた構造

埋没法(1点固定)

希望する二重ラインに糸を一本通し、まぶたの裏側を1ヵ所で留める方法です。最も簡単な埋没法ですが、二重が十分に現われなかったり、デザインが制限されたり、負荷がかかりやすいので外れて元に戻る場合もあります。

埋没法(2点以上固定)

二重ラインに糸を通し、まぶたの裏側から2ヵ所以上で留める方法です。1点固定の埋没法と比べると、二重のラインがしっかり仕上がり、デザイン性も向上します。また、2点で固定することで瞬きなどをするときのまぶたの負荷が分散されて、外れにくいという特徴があります。

埋没法にご興味のある方は

埋没法はこんな方にオススメ

  • アイプチが面倒と感じる方
  • アイプチが肌に合わない・かぶれる方
  • アイプチを続けていてまぶたが伸びてしまった・伸びたような気がする方
  • メスを使わず簡単に二重にしたい方
  • まぶたに厚みがあまりない方

埋没法にご興味のある方は

アイプチによる、まぶたのトラブルについて

アイプチのまぶたへの悪影響

一重の方に限らず、二重の幅を大きく、もっと目を大きく見せるために「目を盛る」ツールとして手放せない方という方も多い「アイプチ」。今は接着剤タイプだけでなくシールタイプやファイバータイプなど様々なタイプのものが出回っていて、簡単だし、気軽に思い通りの二重になるしと大人気です。

でも実は、アイプチを使い続けたことが原因で、当院に二重の相談で来院される方が実は圧倒的に多いんです。アイプチは簡単なのに、気軽に盛れるのになぜでしょうか?

アイプチで伸びた瞼

まぶたはとても薄くてデリケート。なんと約0.6mmほどの厚みしかありません。

このように、皮膚の中でも極めて薄いまぶたにアイプチは、つけているだけでもまぶたに大きな負担をかけます。
接着剤タイプやシールのアイプチは、長時間付けたままにすることで皮膚呼吸を妨たげて、まぶたの腫れや、接着剤の成分(ラテックスなど)によってはアレルギー・かぶれなど、重大なトラブルを引き起こすことがあります。

また、ファイバータイプは装着の際にまぶたに押し付けたうえ引っ張るようにに力を入れるため、負担としてはかなり大きいといえます。

アイプチをはがす時にはつける時以上の負担が。

無理に剥がすことを繰り返し続けると、ただでさえ薄いまぶたが引っ張られ、徐々に引き伸ばされていきます。これが悪化すると、こちらの写真のように、二重どころか三重・四重、最終的にはまぶたのタルミにつながってしまう恐れも。
アイプチで瞼に異常が感じられる場合には直ちに使用を止め、それでもやはり二重まぶたにしたい場合には、埋没法や切開法などできちんと二重にしたほうが、結果的に瞼にやさしく、しかも毎日の二重をつくる手間からも解放され、メイクの時短にも役立ちます。

三重や四重など、たるみとまではいかない軽度のまぶたの伸びであれば埋没法でカバーできる場合も多いです。たるみがひどい場合には、残念ながら埋没法では難しいですが、切開法であれば、たるんでしまった瞼も解消でき、はっきりした二重ラインを作ることが可能です。
アイプチで瞼が伸びてきた、たるんできたかも、と感じる方はまずは一度お気軽にご相談ください。

埋没法にご興味のある方は

二重まぶた埋没法 症例写真

埋没法

埋没法症例写真01

埋没法症例写真02

埋没法症例写真03

埋没法症例写真03_01

埋没法症例写真04

埋没法症例写真05

埋没法症例写真06

埋没法症例写真07

埋没法症例写真08

埋没法症例写真09

施術の説明

埋没法はまぶたの裏側を医療用の極細縫合糸で止め、二重の癖をつける瞼の外側に傷がつかない二重術(重瞼術)です。

リスク・副作用について

腫れ・むくみ・内出血・ごろつき感・眼球の充血・まぶたのひきつれ感・違和感などが出ることがありますが、時間経過とともにほぼ消失します。二重の形状・幅の左右差を感じる場合があります(特に片方ずつ別日で手術をした場合)。まぶたの形状により稀に糸がゆるみもとに戻ることがあります。

施術の料金

■埋没法1点止(両目):15,480円~71,280円(局所麻酔代等込) ■埋没法2点止め:103,680円(局所麻酔代等込)

主観的・客観的な観点による効果の満足度や、リスクと副作用の出現の有無・頻度・程度・期間等には個人差がございます。

埋没法にご興味のある方は

埋没法 施術表

治療時間 10~30分
治療後の通院 なし
麻酔 点眼麻酔、局所麻酔
痛み・腫れ・リスクと副作用について 麻酔によるむくみや腫れ・内出血などがおこる場合があります。個人差はありますが目安として約7~10日程度で徐々に落ち着いてくることがほとんどです。
メイク・洗顔・入浴 メイク…2~3日後より可(患部以外は当日から可)
洗顔…当日より可
入浴…翌日より可

埋没法にご興味のある方は

埋没法 施術料金

1点止め 初回:両目9,000
2回目以降:両目64,800
2点止め 両目97,200

※税込料金。※保険適用外の自由診療です。※標準的な施術料金です。※埋没法の薬・麻酔代別途6,480円がかかります。

埋没法にご興味のある方は

施術の流れとアフターケア

  • カウンセリング

    二重に変わると、目元だけでなく顔全体の印象も変わります。理想通りの二重にするには、十分なカウンセリングを通じて、医師が患者様の希望を正しく理解する必要があります。
    当院では、カウンセリングに十分な時間をかけ、患者様のご要望をヒアリングし理想のラインをシミュレーションしていきます。ご納得いただけた後での手術となりますので、ご安心ください。

  • 施術

    カウンセリング時に出したシミュレーションに合わせてデザインをし、麻酔をかけます。デザインのラインに沿って糸を通し、二重に必要な"皮膚のくびれ"を作り出します。
    施術の際には予め麻酔を行い、極細の針と糸を使用するので痛みはほとんど感じません。埋没法には「1点止め」と「2点止め」がありますが、まぶたの厚みが気になる方や持続性を求める方には、2点止めが適している場合があります。

  • アフターケア

    • Care 1

      目元以外のメイクは当日より可能。アイメイクは術後2~3日より可能。

    • Care 2

      コンタクトレンズの使用は、翌日以降から

    • Care 3

      シャワーは当日・入浴は翌日より可

    • Care 4

      麻酔によって一時的に目が霞むことがあります。車での来院はご遠慮ください。

    • Care 5

      内出血が起こることがあり、消失するまでには個人差はありますが目安として7~10日程度で徐々に落ち着いてきます。

埋没法にご興味のある方は

ご予約・ご相談窓口はこちら

初診専用フリーダイヤル0120-0180-30

診療時間10:00~20:00(※土日祝は19:00終了)