鼻翼縮小による小鼻整形

銀座美容外科クリニック

 > 
鼻翼縮小
美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

鼻翼縮小

鼻翼縮小で、鼻の穴を小さくしたい、小鼻の横幅が広いなどの悩みを改善。

鼻翼縮小について

「鼻筋は高く通っているけれど、小鼻が大きいため大きな鼻に見えてしまう」という方に適している治療がこの「鼻翼縮小術」です。鼻翼縮小術によって鼻翼(小鼻)を切り取って、小さくする(形を整える)ことによって改善することが出来ます。小鼻の幅や大きさを細かく調整し、小鼻をバランスよくスマートに整えます。

理想的な黄金分割

理想的な黄金分割標準的な鼻翼幅は、両内皆間距離と等しく、顔の横径を5等分したものです。また鼻翼幅は鼻長の70%程度が平均とされています。鼻翼を診察する際には正貌のみならず、軸位での形態観察が重要であり、鼻翼間距離、鼻翼の張り出し程度を把握した上で、術式・デザインを検討します。

銀美のオススメポイント

point1 大きな鼻の穴に悩んでいる方。
point2 小鼻の横幅が広い方。
point3 理想の鼻を手に入れたい方。

理想的な鼻について

プロテーゼ挿入法 鼻は顔の中心に位置し、目と同様にその方の表情を印象づける大切なパーツです(各部については、右の図のように、 鼻根(びこん)、鼻背(びはい)、鼻尖(びせん)のよ うにさまざまな名称で定義されています)。 また、鼻は高さ・長さ・横幅・形など顔の中心 パーツとしてそれ自体のバランスが重要であると同時に、目、口、顔全体の輪郭など他 のパーツとのバランス(調和)もまた重要になります。

※日本人の鼻の特徴(欧米人と比較して)として以下が挙げられます。
 ① 鼻が短く小さい
 ② 皮膚・皮下組織が厚く硬い
 ③ 骨・軟骨が小さく、支持性に乏しい
これらをふまえ、理想的な鼻について考察します。

1.正面像(理想的な黄金分割)

2.E-ライン

正面像においては、鼻翼幅は内眼角間距離と等しいとバランスが良いとされます。 E-ラインとは、鼻先から顎先までの理想的なバランスを実現するための重要な基準値のひとつです。
正面像 E-ライン
唇がE-ラインに接するかやや内側に入り、上唇から下唇が数ミリ後方にあることが理想的とされています。
このように、当院では鼻に関するさまざまな悩みに対して、患者様の状態にあった総合的判断を行い、幅広い整鼻術をご提案いたします。人工軟骨挿入術(シリコンプロテーゼ)、ヒアルロン酸注入術、鼻尖形成術などの整鼻術を併用するなど、患者様の状態に適した術法を判断し、幅広い整鼻術をご提案致します。

施術表

<鼻翼縮小>

治療時間 約30分~1時間程度
治療後の通院 1週間後くらいに検診・ギブス外し・抜糸
麻酔 局所麻酔
ダウンタイム 腫れ・むくみ・・・約1~3週間程度
内出血・・・約7~10日間程度
(※期間は消えるまでの大体の目安です。ダウンタイムの発生・程度・期間には術式による差や個人差があります。)
1週間程度は鼻に固定ギプスを行います。気になる方は長期休暇などのご利用をおすすめいたします。
メイク・洗顔・入浴 メイク…鼻はギプスが取れてから可能
洗顔…鼻以外は当日より可
入浴…翌日より可
料金 詳しくは料金表へ

流れとアフターケア

施術までの流れ

カウンセリング
鼻翼縮小においては、患者様のご希望される鼻の形を十分にカウンセリングにお聞きしたうえで、小鼻の外側を切除するか、内側を切除するか、外側と内側の両方を切除するかを決定致します。
※鼻翼の外側を切除するか内側を切除するのかは鼻翼(小鼻)の張り出している形や大きさによって変わります。

施術
鼻翼縮小には外側を切除するか、内側を切除するか、外側と内側の両方を切除するかという3つの方法があります。
外側切除(図1)では鼻翼と頬の境目より外側の皮膚を含めて切除します。
内側切除(図2)では鼻の穴の床の部分で皮膚を切除します。
外側切除 内側切除

アフターケア

care1 術後に腫れが気になる場合は適度に患部を冷やして休めることをお勧めいたします。
care2 約1週間程度、鼻にテープによるギプスを行いますので少々目立ちます。一応マスクなどでかくすことはできますが、気になる方は長期休暇等をご利用なさることをおすすめいたします。