レーザートーニング治療と効果

銀座美容外科クリニック

レーザートーニング治療
美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

レーザートーニング

レーザートーニングは、今まで治りにくいとされてきた肝斑にも
効果が期待出来る画期的な治療です。

肝班治療について

肝斑治療について・その原因

肝斑(かんぱん)は、シミの一つです。特徴としては薄茶色、30~40代のアジア女性に多いことなどがあげられます。肝斑の原因に関しては、まだわからない部分も多いのですが、妊娠、ピルの服用などがきっかけになることもあるため、女性ホルモンとなんらかの関係があるのではないかという説があります。さらに、顔をさわったり、こすったりする刺激や、毛細血管の拡張なども原因だと考えられています。

症例写真

肝斑

症例写真

混合性(肝斑・日光性色素斑・雀卵斑(ソバカス)のシミ

症例写真

雀卵斑(ソバカス)

症例写真

銀美のオススメポイント

point1 肝班の治療を諦めていた方。
point2 左右対称のシミがある方。
point3 治らないシミに悩んでいる方。

肝班の特徴

肝斑治療の特徴 これらがあると肝斑かもしれません

 ■シミに濃淡の差がなく、顔にベタっと張り付いているように見える。
 ■あらわれる場所は、頬、額、口の周りなど。
 ■シミと、正常な肌との境界がはっきりしている。
 ■シミが左右対称にあらわれる。
 ■30~40代に多く、妊娠、閉経など女性ホルモンのバランスが変化する時期に発生する。

肝班の治療

これまでの常識を覆したシミ対策レーザー

QスイッチYAGレーザー 「肝斑(かんぱん)はシミの一つだから、シミ専用のレーザー治療がよいのでは?」と考える方もいらっしゃることでしょう。じつはこれまで、シミ用のレーザーを肝斑に使う方法は、あえて避けられてきました。シミ専用レーザーは日光性色素斑のように紫外線によるもの、老人性色素斑のように加齢によるものには有効ですが、肝斑については、かえって症状を悪化させてしまうことがあるからです。ところが、肝斑に大きな効果が期待できるレーザートーニングが登場。画期的な治療法として注目を集めています。
レーザートーニングは、薬の服用や適切なスキンケアを併用することにより、効果が早くあらわれ、再発防止につながります。トラネキサム酸・ビタミンCの内服薬や塗り薬をはじめ、イオン導入による治療も行われます。効果を実感するまで、平均すると数カ月程度。美白成分を含むスキンケア用品を使うことも有効でしょう。ただし、洗顔や化粧水をつけるとき、肌をこすると肝斑が悪化することがあるため、充分に注意しましょう。

レーザートーニングとは?

理想的な効果が得られる「トップハット型」

レーザートーニングとは レーザートーニングに使用するのは、QスイッチYAGレーザー。
弱いレーザーをあて、メラニンを少しずつ壊していきます。施術を重ねるうち、メラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へ。肝斑(かんぱん)だけではなく、シミやくすみも改善され、肌全体のコンディションがアップします。肌色の改善だけではなく、ハリやキメをよみがえらせ、毛穴の開きにも効果的。これまでさまざまな美肌治療を経験した方からもご満足いただいている、注目の治療法です。

施術表

<レーザートーニング 肝斑治療>

治療時間 30~40分
治療後の通院 なし
麻酔 なし
痛み・腫れ なし
メイク・洗顔・入浴 メイク…注入直後より可
洗顔…注入直後より可
入浴…注入直後より可
料金
【キャンペーン価格】
肝斑部位1ヵ所1回
(通常価格:21,600円) ⇒ 500円(初診限定・税込)
(500円玉2個程度の範囲)
詳しくは料金表へ

シミ用レーザーとの違い

レーザートーニングと他社レーザーとの違い

一般的に使われるガウシアン型のレーザーは、中心部のエネルギーがもっとも高く、その周辺は低いため、レーザー照射後の肌の反応が均一になりません。そのため中心部は出血するほどのエネルギーが加わるのに対し、周辺部はあまり効果が得られないといったデメリットがあります。とくに肝斑(かんぱん)に、ガウシアン型を用いると、中心部のエネルギーが強すぎて熱損傷を引き起こし、肝斑がより濃くなってしまう可能性があります。
当院が肝斑治療に採用しているトップハット型は、エネルギーが均一であり、理想的な効果をあげています。

流れとアフターケア

施術までの流れ

カウンセリング

肝班はシミとの区別がつきにくいため、ご自身の判断で不適切な治療をしてしまうと、逆に悪化してしまう場合もあります。当院では、専門医によるカウンセリングで肝班・シミの種類を的確に判断し、症状にあった治療を行いますので、ご安心ください。

施術

レーザートーニングの治療自体は、10~30分程度で終了するので、忙しい方にもぴったりです。パチッとはじかれるような感覚があります。麻酔は要らず、治療後のメイクも可能なので、ランチタイムの時間を利用したり治療後に大切な予定を入れたりできるから、気軽に治療を受けられます。週に1回、合計6~10回の治療が目安です。

アフターケア
care1 お化粧は、注入直後から可能です。
care2 洗顔、洗髪、シャワーは当日から可能です。
care3 痛みの感じ方や赤みの出方は個人差があります。

レーザートーニングの体験談

35歳/女性

神奈川

レーザートーニング(肝斑)

シミ取りが得意なクリニックという評判とカウンセリングの感じがよかった為こちらにお世話になりました。
両頬骨とこめかみあたりのシミ取りです。
結構大きめのアザの様なシミで、カウンセリングで肝斑と診断され、期間や方法の説明がありました。
医療用のレーザーなので高いのかなと思っていたけど、思っていたよりお安く提案してもらえました。
数回通いましたが、痛みや跡も残らずこんなにキレイに消してもらえるとは思いませんでした。

41歳/女性

東京

レーザートーニング(肝斑)

年齢を重ねるにつれてしみが濃くなり、子供の入学式前にと思ったのがきっかけです。清潔感があっていつも気持ちよく利用していました。
カウンセリングを受けてみたら普通のシミではなくて肝斑だったのでレーザートーニングを受けることになりました。
この治療は、徐々に肝斑を薄くする治療ということで、実施に治療時の痛みや腫れもほとんどなく、逆に初回は「こんなに楽で本当に消えるの?」と心配に思ったほど。でも回数を重ねるに連れてどんどん薄くなっていく自分の肌を鏡で見て、今は毎回ニンマリしています。

47歳/女性

埼玉

QスイッチYAGレーザー(肝斑)

カウンセリングの説明がどちらもとてもわかりやすかったです。
小さなシミが多すぎて、顔全体が黒っぽいと感じていていました。
50歳前後からホルモンが変化するので、肝斑として治療することに。
サロンによっては肝斑もシミもソバカスも同じ扱いにしてしまうところがあるようで、治療が長引いたり効果が無かったりするということでした。幸い私は診断が的確だったので、2か月弱で終了しました。
シミの数が多かったので、1回目は腫れないかとても心配でしたが、回数を分けてくれたので心配無用でした。

このページを見た人はこのページにも興味を持っています。

美容皮膚科・美容整形の銀座美容外科クリニックでございます。
美容皮膚科・美容整形でお悩みのお客様、是非ご相談に来て下さい。
美容皮膚科・美容整形なら確かな実績と自信のある銀座美容外科クリニックへお任せください!
 
よくあるご質問
銀座美容外科クリニックfacebook
銀座美容外科クリニック公式twitter
アメーバブログ
求人情報
メールフォームをご利用ください。
無料カウンセリング受付中
無料メール相談
銀座院・池袋院の電話番号
未成年者親権者承諾書ダウンロード