目元・二重・瞼

アイプチの使用に注意!まぶたが伸びてしまった方の注意点

女性は、アイメイクの際に「アイプチ」などの二重を作るアイテムで二重にしている方も多いと思います。アイプチは手軽に二重にすることができるのでとても便利ですよね。

しかし、こういった二重グッズは、使いすぎるとまぶたが伸びてしまう場合があります。まぶたが伸びると、埋没法などの二重術に影響を及ぼしたり、希望の二重にできない場合があるのです。

ここでは、アイプチの危険性や伸びてしまったまぶたに合った施術などをご紹介します。

アイプチによるまぶたのダメージとリスク

便利で手軽なアイプチですが、使い続けることでまぶたにダメージを与えてしまうことがあります。ここでは、考えられるリスクをご紹介します。

まぶたが炎症を起こす

まぶたは約0.6mm程度で、とても薄くデリケートです。このように、皮膚の中でも薄いまぶたにアイプチなどでダメージを与えると、まぶたが炎症を起こしてしまう可能性があります。

アイプチに使われている接着剤は、ほとんどがラテックスという天然ゴムでできています。これは、絆創膏の接着剤とほぼ同じ成分なので、アイプチは、まぶたに毎日絆創膏を貼っているようなものなのです。こう考えると、どれほどまぶたに負担がかかっているのか想像できますよね。

また、アイプチによって皮膚呼吸が阻害されると、まぶたがかぶれて腫れてしまいます。さらに、皮膚が硬くなったりごわついたりする恐れがあるのです。まぶたが硬くなると、アイプチをやめればある程度は元に戻りますが、完全には元に戻らない場合もあるので注意が必要です。

まぶたが伸びる

アイプチを使いすぎると、まぶたが下に伸びてしまうことがあります

アイプチは、つけているときもその接着剤の成分が肌に合わない場合、刺激を受けてまぶたに負担がかかりますが、アイプチをはがすときも大きなダメージがかかっているのです。まぶたについた接着剤を無理やりはがすと、まぶたが引き伸ばされてしまうのです。まぶたが伸びて悪化すると、どんどん垂れさがって目が小さく見えてしまう恐れもあるのです。

まぶたがたるむと…

アイプチによってまぶたが垂れ下がると、埋没法で二重を作ろうとしても、キレイな二重まぶたに仕上がらない場合があります。埋没法では、ある程度のたるみなら改善することができますが、二重を作っても眠そうに見えてしまう可能性があります

また、希望の二重によっては埋没法だけでは上手くできない可能性もあるのです。特に、幅の広い平行二重などは、まぶたがたるんでいると埋没法だけではキレイに仕上がらないでしょう。

まぶたがたるむ前に埋没法でキレイな二重にするのがおすすめ!

アイプチを続けていると、まぶたがかぶれるばかりか、炎症を繰り返し起こすことで皮膚自体の弾力が衰え、どんどん垂れてしまいます。これ以上アイプチを続けていても、まぶたのたるみが進むだけで、希望の二重や目力のある目元・かわいらしい目元からかけ離れていってしまいます。

アイプチで現在まぶたにダメージを受けていると感じる方は、一刻も早くアイプチの使用を止め、埋没法や切開法などの二重術で二重まぶたを作ることがおすすめです。

アイプチでまぶたが炎症を起こしたりかぶれている場合は、目元がかゆくなることがあります。そういった方はまぶたをこする癖があり、更なる炎症を引き起こしたり、瞼がより伸びてしまう可能性があります。

二重にしたいけれどいきなり切開法は怖いという方は、瞼がたるむ前に埋没法を試されることをおすすめします。尚、切開法の場合、アイプチでたるんでしまったまぶたも解消でき、はっきりした二重ラインを作ることが可能です。

埋没法の詳細ページへ

全切開法の詳細ページへ

無料カウンセリングで相談してみる

アイプチ使用者のビフォーアフター(全切開法+目頭切開+目尻切開)

こちらの患者様は、長年アイプチを使用していらっしゃいました。

長年アイプチを使用されているとどうしてもまぶたの皮膚が伸びてきてしまいます。

埋没法である程度は改善しても、たるみがなくて眠そうに見えない幅広二重は少し難しいと言わざるをえません。

この患者様は「とにかく目をおっきくしたい!二重は幅広の平行がいい!」というご要望でいらっしゃったので、全切開に目頭切開を追加いたしました。

しかしここで問題となるのは、目頭切開により目が寄った印象になることです。この解決法として、目尻切開も同時に施しました。

目尻切開は、不思議なものでそれ事態では1~2ミリ程度の開きしか作れません。

ところが、もともと目が顔の中心によりぎみな方が目頭切開をされると、より目が寄ったようになり、お顔の側面の余白が目立ち、お顔が大きく見えてしまうことがあります。

この調整役となるのが目尻切開です。 手術後も目が寄った印象がなく、また、目尻の組織を少し切り取るので優しい印象にもなっているかと思います。

【全切開法】

■施術の説明:まぶたを切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除きご希望の二重のラインになるように縫合する二重術(重瞼術)です。まぶたの脂肪が厚い方やくっきりとした二重をご希望の方に適している術式です。
■リスクと副作用について:強めの腫れ(個人差有)・むくみ・内出血・ごろつき感・眼瞼の充血・ひきつれ感が出ることがありますが、時間経過とともにほぼ消失します。二重の形状・幅の左右差を感じる場合がある(特に片方ずつ別日で手術をした場合)。
■料金:345,600円(局所麻酔代込)

全切開法の詳細ページを見る
無料カウンセリングで相談してみる

【目頭切開法】

■施術の説明:目頭にかぶさっている皮膚(蒙古ひだ)を切開し、目の横幅を広げたり、目を大きく見せる施術です。
■リスクと副作用について:腫れ・むくみ・内出血・ごろつき感・眼瞼の充血が出ることがありますが、時間経過とともにほぼ消失します。目頭部分に赤みや固さが出ることがあり、消失までには少し期間がかかることがあります。
■料金:345,600円(局所麻酔代込)

目頭切開法の詳細ページを見る
無料カウンセリングで相談してみる

【目尻切開法】

■施術の説明:目尻を数ミリ切開し、切れ長な目元にしたり、目を大きく見せる施術です。
■リスクと副作用について:腫れ・むくみ・内出血・ごろつき感・眼瞼の充血が出ることがありますが、時間経過とともにほぼ消失します。
■料金:345,600円(局所麻酔代込)
※主観的・客観的な観点による効果の満足度やかかる回数、リスクと副作用の出現の有無・頻度・程度・期間等には個人差がございます。

無料カウンセリングで相談してみる

目尻切開について

目尻切開は、目尻の皮膚を数ミリ切開して目を外側に大きく見せる施術です。黒目の外側の白目がひろがって、目が大きく見えるのです

目尻の皮膚を外側に引っ張ると、白目が何ミリか隠れているのがわかると思います。

更に外側はピンク色の結膜となり、目の一番外側の折り返し部へと到達します。実際はこの膜も見えるまで切開しています。

目尻切開の効果

目尻切開は、目尻を引っ張ったときに隠れている白目がどれだけあるかによって効果が変わってきます。

もともと大きく開けるものではないため、患者様の目の限界まで開くことが多いです。

隠れている白目が多ければ、目尻切開によって目の幅がかなり広がったように見えます。しかし、1mm程度しかない場合は、あまり効果が感じられないと思うこともあるでしょう。

目尻切開単独では劇的な効果は感じにくいかもしれません。しかし、目頭切開と併用することで目の幅が広がり、輪郭とのバランスの調整に大きく貢献します。

また、目尻切開では患者様のご希望の目尻の印象に応じて、目尻の皮膚を削ってラインを整えるため、下方向に切開することで目尻の吊り上がりが改善し、優しい印象にすることも可能です。

アイプチでまぶたが伸びてしまった方の注意点<まとめ>

ご紹介したように、アイプチは長年続けているとまぶたに大きな負担がかかり、まぶたが伸びたり垂れ下がったり、炎症、かぶれを起こす恐れがあります。

アイプチは一重の方でも二重まぶたを作ることができますが、毎日アイプチをするとなると手間や時間もかかりますよね。毎日使うと、コスパも良いとは言えません。

アイプチの使い過ぎでまぶたに負担がかかり、まぶたが垂れ下がってしまう可能性を考えると、思い切って埋没法や切開法で二重にするのがおすすめですよ。アイプチの手間が省け、さらに、キレイで自然な二重まぶたが手に入ります。

アイメイクもしやすくなって色々なおしゃれも楽しめるので、女性には嬉しいことだらけではないでしょうか。もちろん、ぱっちり目を目指す男性にもおすすめですよ!

TOP