銀座美容外科クリニック

美容皮膚科 目・まぶた 鼻 ボディ 痩身・ダイエット 若返り・リフトアップ 医療レーザー脱毛 プチ整形 りんかく

アイテムにこだわりながら、シミ予防

 シミ予防の第一にあげられるのは「紫外線に肌をさらさないこと」というのは、誰もがわかる予防法です。

 シミのできるメカニズムからしても、紫外線の影響が大きいのは周知のことで、メラニン色素が生成されるメラノサイト(色素細胞)は基底層にあり、紫外線や活性酸素の刺激を受けると、基底層にあるメラノサイトではチロシナーゼ酵素がアミノ酸であるチロシンをメラニンに変化させてメラニン色素を生成することになります。

 つまり、肌をメラニン色素で黒くすることによって、有害な紫外線を守ろうとしているわけです。しかし、年齢を重ねる毎に新陳代謝機能が追いつかなくなり、シミはどんどん増えていってしまうことがその多くの原因です。

 日常生活の中で、完全に紫外線を浴びないで生活をすることは難しいと思います。紫外線は、肌の老化を加速します。美白化粧品を多量に使用していても、使い方次第ではシミを防ぎきれないこともあり、現代女性にとって悩みの上位になっています。

 紫外線対策は、紫外線に強い時間帯を避けることが一番です。衣服や帽子、サングラス、日傘といったアイテムを屈指されている方も多いのですが、注意したいのは『素材選び』です。

 まずウエア。近年の夏のような高気温下では、その決意も断念しがちですが「襟のついた長袖」を選択していくだけで日焼けの防止になります。最も効果的な素材は、化学繊維「ポリエステル」素材。綿は紫外線カット率が低いので、要注意です。また、白い服装は紫外線を通し易いので注意が必要です。紫外線対策としては「黒」が一般的です。
 次に「帽子」の活用。ひさしがあるだけで、顔への直接的な紫外線をやわらげます。
(紫外線が届かない訳ではありません)また、頭皮や髪の毛も紫外線により大きな影響(ダメージ)を受けるといわれていますから、シミ予防ということ以外でも日常的に使いたいアイテムです。
 そして「サングラス」。紫外線の透過率をチェックした上で選ぶのが基本です。さらに、サングラスと顔の隙間のない形状を選ぶことも、重要なポイントです。目から入ってきた紫外線は脳に伝わって「メラニン」生成の指令が送られるので、目のガードは大切なのです。UVカット効果のある、薄い色のサングラスをかけることを心がけましょう。

 このようにちょっとした工夫と知識で、シミ予防を「ファッション」と捉えながら日常を過ごすことも大事です。肌のケアにプラスして予防対策していくことをおススメします!
 
未成年者親権者承諾書ダウンロード